×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野球のピッチャーのスピードが出るトレーニングとは

野球のピッチャーは筋肉トレーニングをして球速をapさせるわけですが、ピッチャーに必要な筋肉がつくためのトレーニングをしなければ余計な筋肉がついてしまって、かえってピッチャーの筋トレとしてはよくないと思います。

最近はトレーナーもかなり勉強しているようなので、間違ったトレーニングというのは無くなって来ているようですが、メジャーリーガーのように40歳を過ぎてもスピードボールが投げられるようになるためには、無理をさせないことも必要ではないでしょうか。

ピッチャーの投げ方と練習について

野球の投手の肩は消耗品だと言われています。

ピッチャーの練習で気をつけなければいけないのは、下半身の強化とケガです。

特に、肩を酷使し、ケガをしてしまった場合は、1年を棒に振ってしまうことにもなりかねません。

最近は、毎試合のように登板するピッチャーが増えてきましたが(実際には50〜60試合ですが、それでも多いですよね)、ピッチャーの投げ方に注意しながら練習をしていかないと取り返しのつかないことになりますので。

剛速球の投げ方は注意が必要?

剛速球の投げ方というのは、本来は正しいフォームであるべきだと思うのですが、どうしても余計な力が入ってしまい、ケガをする恐れがあります。

ピッチャーがスピードボールを投げる場合、投げ方に注意しながら投げないと正しいフォームにならないと思います。

出来れば、ゆったりとしたフォームで投げるのが理想です。

世界最速のピッチャーのスピードボールとは

ソフトボールのピッチャーは投げ方が下手投げなので、野球とは違いますが、正しいフォームで投げなければスピードが出ないと言うのは同じだと思います。

世界最速のピッチャーとは、スピードガンの性能が違うので、どの投手とは断言できませんが、やはり、正しい投げ方をしていて、腕の振りも滑らかと言うかスムーズだと思います。

Copyright © 2009 投手のスピードが出る投げ方とは

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

歌舞伎